QTモバイルの解約方法 解約金はいくら発生するのか等徹底解説

QTモバイルの解約方法 解約金はいくら発生するのか等徹底解説QTモバイル

 

QTモバイルって契約のシバリとかあるのかな。。

QTモバイルの毎月の料金安いけど解約金が高かったりするのかな。。

解約時の端末代とかどうなるんだろう。。

 

大手通信会社の契約をしている場合店舗で解約の手続きができたりしますが格安SIMを取り扱っているQTモバイルの場合格安SIM会社では珍しく店舗も存在しますが店舗で解約の手続きはできるのでしょうか?

大手通信会社の契約体系が長期間自動更新型になっていたのでいろいろ気になる部分は多いですよね!

そこで携帯電話・インターネット業界に10年以上勤務し現役で格安SIM販売責任者を行っている僕が解説していきます。

 

スポンサーリンク

QTモバイルの解約方法

結論からお伝えするとQTモバイルの解約手続きはコールセンターのみとなります。

店舗に関しても格安SIMサービスを取り扱う会社では珍しく九州の各県に一店舗づつありますが店舗の取り扱い業務は新規受付機種変更SIMサイズ変更(Dタイプのみ)となっており解約手続きやプラン変更オプションの解約もできませんので注意して下さい。

また解約についても今現在利用中の回線の種類によっては契約期間が設けられていますので最低利用期間未満の場合違約金が発生する場合もありますので下記を必ず確認してください。

 

QTモバイルの解約金は発生するの?

次に契約期間と違約金関係の解説をしていきます。

こちらに関しては契約するタイプによって異なりますのでひとつずつ解説していきます。

QTモバイルDタイプ

QTモバイルのDタイプの場合利用開始月を0カ月とし最低利用期間が利用開始月から12カ月間と決められているためこの期間未満に解約すると違約金が発生します。

Dタイプの場合MNP(乗り換え)での解約でも純粋な解約の場合でも違約金は発生し、違約金の計算式は次の通りです。

(計算式)

これはMNP解約でも純粋な解約に関しても発生するので注意が必要です。

そして解約の締め日に関しては25日締めとなっており26日移行の解約は翌月の解約扱いとなっています。

QTモバイルAタイプ

QTモバイルのAタイプの場合MNP(乗り換え)の解約時のみ最低利用期間が存在します。

利用開始月を含む13カ月以内のMNP転出時は9500円の違約金が発生します。

純粋な解約の場合は月末の解約扱いとなります。

QTバイルSタイプ

QTバイルSタイプもAタイプと同様にMNP(乗り換え)転出時のみ最低利用期間が存在します。

利用開始月を含む13カ月以内のMNP転出時は9500円の違約金が発生します

純粋な解約の場合は月末の解約扱いとなります。

 

QTモバイルデータ契約について

データ契約に関しては回線のタイプに関わらず最低利用期間は存在せず解約月の月末の解約扱いとなります。

 

QTモバイルの解約月は日割りになる?端末の分割金はどうなるの?

解約時の違約金関係はお分かりいただけたかと思いますがMNP(乗り換え)の解約時は解約月の月額料金についてはどうなるのでしょうか?

申込時は日割り計算ですがMNP(乗り換え)解約時は日割り計算になるのかどうかも調べてみました!

QTモバイルの解約月の日割り計算について

QTモバイルMNP(乗り換え)解約時は残念ながら日割り計算にはなりません。

なので月初に他社に乗り換えをしても月末に乗り換えをしても一か月分の請求されます。

QTモバイル解約時の端末金残債について

QTモバイルの申し込み時にスマートフォンを同時に購入した場合端末の分割購入を選択でき回数は基本的に24回なります。

QTモバイルの重要事項説明によると解約時に端末の残債が残っていた場合一括の請求になると記載があります。

 

まとめ

  • QTモバイルの解約方法はコールセンターのみになります。
  • 解約金に関しては契約している回線の種類によって違いおおよそ9500円程度。約一年の契約で自動更新型の契約ではない。
  • データ回線の場合は契約している回線の種類に関わらず最低利用期間は存在しない。
  • 音声契約、データ契約に関わらず日割り計算はありません。
  • 解約時に残債がある場合は残りの残債を一括で請求される。

いかがだったでしょうか?

乗り換え先の格安SIMがまだ決まっていない場合はこちらも参考にしてみて下さい!

 

コメント