BIGLOBEモバイルの実際の通信速度を計測してみた!電波の状況調査!

BIGLOBEモバイルの実際の通信速度を計測してみた!電波の状況調査!BIGLOBEモバイル

 

BIGLOBEモバイルって最近よく聞くけど通信速度ってどれくらいなんだろう。。。

地方に住んでるから電波の入りが悪くなるのかな。。

BIGLOBEモバイルってDタイプとAタイプがあるけど違いってなんだろう。。

今回はこんな疑問に現役で格安SIMの販売店の責任者をしている僕が回答していきます。携帯電話やインターネット業界に10年以上携わっているからこそ分かるリアルな声もお伝えしていきますので最後までお付き合いよろしくお願いします!

 

今回の記事で分かること

  • BIGLOBEモバイルの通信速度をDタイプとAタイプそれぞれ計測してみた結果
  • BIGLOBEモバイルなどの格安SIMの速度って本当に遅いの?
  • BIGLOBEモバイルの通信を説節約して使う方法を解説
  • BIGLOBEモバイルは大手通信会社に比べて電波の入りは悪くなるのか
  • BIGLOBEモバイルDタイプとAタイプの違いについて
スポンサーリンク

BIGLOBEもばいるの通信速度尾をDタイプとAタイプそれぞれ計測してみた結果

実際に皆さんが計測した結果の口コミを見ていきましょう!

 

まずはDタイプから!

 

次にAタイプ!

結果をみればお分かりいただけると思いますがAタイプの方が安定して速度が出ているみたいで人気みたいですね!

Dタイプは人気があまりないようであまり結果がなかったです。。

すみません。。

双方ともお昼どきにはどちらの回線に関しても低下傾向にあるみたいです。

ただこちらに関してはBIGLOBEモバイル特有の現象というよりは格安SIM全般的にみられる傾向なので仕方ない部分ではあります。

 

遅くなる傾向にあるのは今確認した通り事実ですが

じゃあそれって本当に遅いの?

っていう疑問に次は答えていきます!

 

BIGLOBEモバイルなどの格安SIMの速度って本当に遅いの?

では実際に先ほど説明したスピードってどれくらいの体感なのかや実際にストレスなく使えるのでしょうか?

目安になりますが以下がインターネット接続に必要な数値と言われています。

 

引用:https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008006413_1.htm

 

やはり動画サービスやゲーム関係が早いスピードが必要となりますがそれでも5M前後の数値です。

普段ネット検索やSNS(LineやTwitterなど)の利用がメインであればあまりストレスを感じることなく利用できるんではないでしょうか。

 

少し余談になりますが僕は格安SIMに乗り換えて約5年になりますが大手通信会社で契約していたときと格安SIMとで変化を感じられているかというと感じたことはありません。

 

毎月の通信量もそんなに必要ないしい電話も受けることがほとんどで毎月8000円~10000円払っているのが馬鹿らしくなり乗り換えを検討しました。

 

BIGLOBEモバイルは大手通信会社に比べて電波の入りは悪くなるのか

次に格安SIMの情報量の少なさから気になっている方も多いかもしれない電波のつながり具合です。

【安かろう悪かろう】

という言葉がある通り値段が安いものは品質が低いという感情を無意識的に抱いてしまう方もいるかもしれません。情報量が少なかったり周りに利用者がいない場合は尚更です。

 

しかし格安SIMの電波帯というのは大手通信会社(ドコモ、au、ソフトバンク)と同じものを使用しているため使えるエリアに関しては3社と同じものになります。

 

もう少し簡単に言い換えると携帯電話が圏外になるかならないかは大手通信会社の契約をしている人と同じになります。

 

なので大手通信会社で契約している人は安くても毎月7000円払って利用しているものを格安SIMだとインターネットに接続できる範囲も通話品質も同じなのに毎月2000~3000円んで利用できる素晴らしいサービスなんです!

 

BIGLOBEモバイルの通信を説節約して使う方法

月末になると通信量の使いすぎで速度制限にかかってしまいネットの接続が遅くなってしまうという方も少なくないんではないでしょうか。

そんな方にデータ通信の節約方法が以下3つです。

  • エンタメフリープランを利用する
  • 節約モードを利用する
  • 全国に配置されているBIGLOBEwifiスポットを利用する

1つずつ解説していきます

エンタメフリープランを利用する

特定のSNSサービスを利用する人はエンタメフリープランに加入すると通信量を気にせずに利用することができます。

対象サービスに関しては以下になるので自分が良く利用するサービスがある場合は加入した方がお得に利用できます。

節約モードを利用する

BIGLOBEモバイルには節約モードがあるのでそれを切り替えすることによって毎月の通信量の消費を抑えることができます。

ただこれは通信速度が200kbsという速度になりますのであまり実用性はないですが普段使いがwifi環境下で利用していて、たまに外出する際などに通信量をとっておきたい方などには嬉しい機能ですね!

BIGLOBEwifiスポットを利用する

6G以上の契約をしている場合全国にあるBIGLOBEwifiスポットが無料で利用できます。

wifiスポットに関しては通常250円の有料オプションになるので6G以上の契約をしている人は通信量を気にせず利用することができます。

 

もし普段使うサービスがない場合はこちらも参考にしてみてください!

→LINEモバイル記事

 

「DタイプとかAタイプとか文中に出てきたけど何のこと?」っと思っている方もいるかもしれませんので少しだけ解説しておきます。

BIGLOBEモバイルDタイプとAタイプの違いについて

BIGLOBEモバイルに限らず「〇タイプ」の「〇」に入る文字はどこの通信会社の回線を利用するかという意味になります。

Dタイプだとドコモ回線。Aタイプだとauの回線という意味です。

使えるエリアも選んだ回線と同じものになります。

エリア内であっても建物の構造上電波が入りにくい場所もあったりするので基本的には今自分が契約している回線と同じタイプを契約したほうが無難です。

ドコモを今利用している人はDタイプ。auを利用している人はAタイプという感じです。

 

まとめ

  • 大手通信会社に比べると遅くなる。ただ普段使いがSNSやネット検索ならストレスなく利用できる!
  • 使えるエリアや通話品質は大手通信会社と同じなので現状契約している携帯会社と同じタイプの回線を契約時に選択すると今と同じ環境で利用できる
  • どこの回線を使用するかという意味合いなので選択した回線と同じエリアで利用可能。

 

コメント